bandcampのすすめ

http://bandcamp.com

本家サイト bandcamp.comが、グッズ販売ページをアップデートしています。本家サイトのブログにてアップされていました。
元記事 – bandcamp.com blog


今までは、アルバムやトラックのページに付随する形でグッズを販売する機能を提供していました。
bandcampでCD・グッズを販売する(旧版です。)
今回のアップデートでは、スタンドアローン(単独)でグッズ販売のページを作成して、楽曲ページに紐付けることが可能になったようです。
(※メインメニューにMUSIC(楽曲)とmerch (=グッズのこと)が表示されるようになっています。)

このグッズ販売機能、基本的なところは以前と変わらないようです。

  • 日本円の表記に対応
  • 支払いはPAYPAL
  • bandcamp側の手数料は10%
  • 日本国内と海外向けの配送料を個別に設定可能
  • 配送について、返品規約も日本語で表記できる
  • 限定アイテムなどの在庫数管理も可能
  • Tシャツなどのサイズ別管理も可能
  • デジタル音源の同梱(決済と同時にダウンロード)が可能

もちろんグッズにデジタル音源のダウンロードを同梱することもできます。これって音楽の販売だけに限らず、Tシャツやポスターなどのグッズを販売するだけでも利用できそうですね。クリエイターさん必見ですよ。

詳しい設定方法などについては、後日解説サイトをアップする予定ですので、よろしくお願いします。


先日のアップデートの時に、本家の中の人(ダニエルさん)から
「この夏はもっと凄いアップデートするから、待っててね!」
ってメールを頂いたのですがこれのことだったのですねー。
グッズ販売ページに力を入れるということは、本家サイトでもグッズ関連の売上は重要なウエイトを占めているということでしょうか。
PayPalのアカウントさえ取れば、誰でもグッズ販売ができるのですから、ミュージシャン、バンドマンに限らず日本でもジャンジャン使って欲しいなぁ、と思いましたよ!

 
Categories: 音源を売る