bandcampのすすめ

http://bandcamp.com

本家サイトbandcamp.comの「よくある質問」のページから、気になるものをピックアップジャンル分けしてみました。拙訳なのもあれば、できるかぎり言い換えている質問もあります。
(クリックすると、「答え」が開きます。)

アカウントとカスタマイズ編

答え:ユーザーID、パスワードを忘れた場合はこちら
https://bandcamp.com/forgot_password
登録時のemailアドレスを忘れた場合、または使用できない場合は、こちらにご利用のバンドキャンプサイトのURLを、こちらまでお送りください。 
support@bandcamp.com
答え:いいえ、ありません。ですが、アーティストごとに個別のアカウントで登録して、擬似的にレーベル運営のように使用されてはいかがでしょう。(面倒に聞こえるかもしれませんが、そうでもありません。登録メールアドレスとPayPalアカウント、なんだったらパスワードまで同じにして、ユーザー名だけを変えれば登録できます。)レーベルのアカウントとして登録して、コンピレーションアルバムを公開するのも一つの手でしょう。(その際はトラックごとのアーティスト名を正確に設定することを忘れずに!)
※訳注 一つのPayPalアカウントで複数のバンドキャンプアカウントを運用すれば、手数料率のディスカウント(15%→10%)が適用されやすいですし、上記のようなレーベル運営式の方が資金面で得かもしれませんね。
答え:公式サイトがあるのなら、bandcampページをサイトの試聴ページとして利用してみてはどうでしょう。デザインを変えたり、カスタムドメイン、ヘッダのイメージマップ機能を用いてみてください。
※訳注 bandcampには一切の広告表示がありませんので、公式サイトの試聴ページとして組み込むのも、ありなのかも。
答え:すみません。できないのです
答え:アルバム表示画面の上にある「design」 からどうぞ。(ただし、一曲でも楽曲をアップロード済みでないとできません。)
http://bandcampjapan.com/settei/design/20120124/318.html
答え:こちらをどうぞ。
http://bandcampjapan.com/tool/20120415/466.html
答え:できません。ドメインを変える場合は、カスタムドメイン(後述)の項をご覧ください。
※訳注 おそらく、アカウントを再取得しないとダメかと・・・
答え:はい。初期設定のURLは「http://{あなたのバンド名}.bandcamp.com」用になっていると思います。これをあなたがお持ちの独自ドメインにカスタマイズできます。
詳しくは下記をご覧ください。(英文です。)
http://bandcamp.com/faq_custom_domains
答え:「Profile」ページの「permanently delete this account…」からどうぞ。

アップロード編

答え:アップロード可能なファイル容量は最大291MBです。厳密には305088054バイトです。(ラフォージ少佐風に言うと297,937.6 kibibytesまたは290.95 mebibytes※)このファイル容量はもちろん、マイルス・デイビスの「ライブ・イヴル」の4面目の曲「Inamorata and Narration by Conrad Roberts」の曲の長さとぴったり同じです。(サンプリング周波数とレートを44.1kHz/16bitとした場合)
2010年9月8日 追記
20ドル以上の販売実績のあるユーザーには、1曲あたりの最大アップロード容量を600MBまで可能にしました。(レーザーディスクが丸々入っちゃうよ!)
※訳注 スター・トレック/ジェネレーションズの登場人物。バイザーがトレードマーク。主任機関士なので数字には極めて厳しい。
答え:簡単に言うと以下の理由からです。
  1.選択肢を多く用意している。
  2.次世代への準備です。
確かに、現状ではほとんどのファンはMP3フォーマットのみを求めているようにみえます。ですがAIFF/FLACの熱狂的なユーザーも存在します。
そして、近い将来、これらの新しいファイル型式が当たり前になってとき、あなた方は既に準備OKってなわけです。
答え:考えられる原因を順におってみましょう。

  • ブラウザのファイル選択画面で楽曲ファイルがグレーアウトしていませんか?
    → バンドキャンプのアップロード対象外のファイル形式の可能性があります。(MP3はNGです!)
  • アップロードがスタートしないのでしょうか?
    → フラッシュ・アップローダの不具合かもしれません。お使いのブラウザに最新のフラッシュプラグインがインストールされているかご確認ください。
  • アップロードされているようだけど、いつまでたっても終わらない。もしくは、すぐに終わって失敗する。
    → ウイルス対策ソフトやファイヤーウォールが原因の可能性があります。一時的に無効化してみましょう。(※自己責任でトライしてみてください!)
  • それでもまだ具合が悪い場合。
    → WiFiをお使いではありませんか?非圧縮の音楽ファイルは容量が大きいので通信が不安定になっているかもしれません。一度有線LANにつないでみてください。
  • それでも、それでもダメな場合は、ファイル容量の小さなテスト用のファイルを別途用意してアップロードが正常に完了するか試してみてください。テストファイルでもアップロードに失敗する場合は、こちらのツイッターアカウントを御覧ください。
    twitter.com/bandcampstatus (サービス状況をつぶやくお知らせ用アカウント)
    このアカウントが異常なしとツイートしている場合は、問題はお客様の側にある可能性が高いです。別のマシンや環境でアップロードを試されたほうが良いかもしれません。

http://bandcampjapan.com/tool/20130203/1009.html

楽曲の編集編

答え:初期状態ではリリース日順に表示されますが、変更は可能です。
「Profile」ページの「Discography」「Custom order」メニューからどうぞ。
http://bandcampjapan.com/settei/20111224/308.html
答え:簡単です。アルバムの編集ページで、曲タイトルをマウスでドラッグして並び替えるだけです。最後に保存するのを忘れずに。
http://bandcampjapan.com/sell/20120718/769.html#SetTrackNumber
答え:いいえ。表示されます。アルバムを非表示にするなら、編集画面の「Publish」「private」を選択してください。
答え:「Profile」「Home page」「go to my latest release」を選択してください。
答え:はいはい。そうですね。でも全体を通してみると、とても良いことだと思っています。 (中略) 凄いでしょ!
※訳注 楽曲の編集画面で設定した曲名・歌詞などの情報は、ダウンロード時のMP3ファイル内に記載されます。iTunesなどと同じで今や常識ですよね。

楽曲の販売編

答え:こちらをどうぞ。
http://bandcampjapan.com/sell/20111224/246.html
答え:もちろんです。 bandcampは、他の同様のサービスの利用に対して制限を課すをことはありません。
答え:商品の値段の2.9%に加えて固定手数料が$0.30です。また、商品の値段が少額の場合は少し変わります。
※訳注 またPayPalでは、小額決済専用の手数料の取り決め(マイクロペイメント)があります。くわしくはこちらを
https://cms.paypal.com/jp/cgi-bin/marketingweb?cmd=_render-content&content_ID=marketing_jp/Micropayments
答え:いいえ。できません。bandcampは代理店ではありません、bandcampページを介して、ファンに音楽を直接販売するサービスです。
答え:できます。
※訳注 こちらをどうぞ!!
http://bandcampjapan.com/sell/20120127/326.html
答え:できません。bandcampではデジタル音源の公開試聴とセットでのみ、CDパッケージを販売することができます。(将来的にはこの制限は変わるかもしれません。)
答え:すみません。できません。
答え:バンドキャンプの手数料は、PayPalの売り上げから自動的に引かれて接収されます。
例えば、あなたが1000円のアルバムを1枚販売したとします。このとき手数料率を10%とすると発生する手数料は100円です。
その後あなたは同じアルバムをもう1枚、売り上げます。このとき手数料の総額は200円ですよね?
この時点では、手数料は未払いです。しばらくして同じアルバムが何枚か売れました。合計でなんと10枚!手数料の総額は1000円です。
このとき10枚目の売上はあなたのPayPalアカウントには振り込まれず、バンドキャンプの手数料として徴収されます。
そしてあなたの未払い手数料はなくなります。
明細書は「Tools」ページの「Sales」「Export」から表示・ダウンロードできますので、覗いてみてくださいね。

ストリーミング編

答え:予想外かもしれませんが、なんと!MP3の128kbpsです。
答え:ありません。音量の調節をする場合はパソコンのボリュームで行なってください。
※訳注 コンピュータ端末のボリュームコントロールは端末によって異なります。間にアプリケーションやサウンドボードや、スピーカーなど様々なものを経由します。それに加えてWEBページでボリュームを介するのは不粋だ、といったところでしょうか。
答え:ストリーミングについて考えてみましょう。bandcampのストリーミングは128kbpsです。以下略
※訳注 バンドキャンプでは、ダウンロードファイルは高品質ですが、ストリーミングは128kbpsです。これ以上の音質を求めると、通信負荷の問題があること、楽曲の良さを感じるためならば128kbpsで十分、と中の人は考えているようです。
答え:今や、自動再生は悪魔でビッチです。あなたは多分時代遅れの唐変木ですねっ(後略)
※訳注 タブブラウザが主流となった今、自動再生の埋め込みプレーヤーはあまり流行りではなく、むしろ邪魔な存在のようです。
答え:『音楽の消費』というものは特異です。本や映画は一度読んだり、観たりしてから購入するということがないのに対して、音楽ではそれがあり得ます。
先に『聞いてもらうこと』が音楽にとって最良の宣伝方法であることは、ラジオが随分前に証明してくれています。人は音楽を最初に聞いて、運が良ければ気に入って、そしてさらに運がよければお金を払って買います。リスナーは必ずこの順序で音楽を手にいれます。この順序が逆になることはあり得ません。(だって、知らない音楽にお金をだして買おうなんて思う人はいないでしょう?)こういった理由から、30秒間の試聴は時間の無駄と考えています。本当に無駄。あんなのであなたの音楽を好きになったり、大切にしてくれるようにならないですよ。
答え:何にも対応しません。確かにその方法は可能です。でも、仮に対応をしても、彼らが自分の頬をつねって財布を開いてくれるようになるわけじゃないですよね。たぶん、すぐに他所で同じ事をするでしょう。私達は、こういったことを「売上を失った」のではなく「良い機会である」と考えるようにしています。

楽曲の公開編

答え:すみません。以前はやっていたんですけど、やめたのですよ。面白い発想だったんだけど、実際のところ売上げはサッパリだったので。(しかもそのためのシステムは超面倒だったよ!)
答え: 全略
※訳注 MP3はもともと曲間を再現するのが難しいフォーマットだそうです。(っていうか不可能?)。「FLAC」「アップルロスレス」では曲間を再現できるそうなので、是非ともお試しください。
答え:どういうわけか、あなたの無限の記憶力をすり抜けてしまったようですね。はい、本当ですよ。(以下省略)
※訳注 「Tool」画面から一覧を出力することができます。
答え:自動的に行われます。「Tool」画面から一覧ファイルをダウンロードすることができます。
答え:「Tool」画面の「Mailing list」からダウンロード出来ます。
答え:いやいやいやいやいやいや。バカでしょあなた。そんな面倒臭いのは駄目。 こちらをどうぞ
http://bandcamp.com/faq_codes_in_email 
※訳注 リンク先はリストからメールを自動で送信してくれる別サービスのようです。でも英語のみ・・・
答え:いいえ。まだなんです。でも僕らのやることリストの一つなんだよ!
※訳注 はやくやって欲しいよね。
答え:たくさんです。以下の拡張子のファイルを同梱できます。 
png, jpg, gif, pdf, doc, docx, txt, ppt, pptx, mp4, m4v, m4r, mov, wmv, avi, mpg, mpeg, swf, flv, torrent, cue, afm, amxd, otf, sib, ptb, mid, midi, gp5, fxp, fxb, vst, mod, it, xm, mtm, nsf
またダウンロード時のボーナス・トラックを設定することもできます。
※訳注 ボーナス・トラックについてはこちら
http://bandcampjapan.com/sell/20120718/769.html
答え:こちらをどうぞ(英文サイト)
※訳注 翻訳中です!
http://bandcamp.com/preorder_how_to

その他なんでも編

答え:検索ワードを次のようにかえて、再度試してください。
「アーティスト名 site:bandcamp.com」
 これでもヒットしない場合は
 1.アルバム、または楽曲をアップしてから24時間が経っていない。(あなたはだいぶ、せっかちさん)
 2.アルバムのジャケット写真をアップしていない。(ジャケットをアップすると効果的。)
と言った理由が考えられます。「ヒットしたけど、ランキングが下位なのがちょっと・・・」なんていう場合は「カスタムドメイン」をご利用ください。カスタムドメインで、独自ドメイン化すると、飛躍的に検索ランキングが上がりますよ。ただし曲タイトルにありがちな単語を使っている場合(例えば「失恋」とか)検索上位にはなりにくいです。
※訳注 余計なお世話だよ!
答え:ありますよ。こちらをどうぞ。
ボタン画像
答え:はい。こちらをどうぞ。
ロゴ1ロゴ2ロゴ3ロゴ4
答え:おぉ、神よ。ありがとうございますだおかだ。(黙ってここにメールしてちょ。) bugs@bandcamp.com
※訳注 バグなら管理人の僕も知りたいです(笑)、面白いバグなら管理人に送っていただければ、英訳転送します!。

以上、よくある質問でした。訳の間違いなど指摘がありましたらcontact、もしくはツイッターアカウントまでリプライをくださいね。
出典 bandcamp FAQ http://bandcamp.com/faq

 
Categories: よくある質問等